任意売却について

もし、あなたが住宅ローン返済にお困りなら、
不動産の『任意売却』という形で
むつみワールドはお客様のお力になることができます。

What is voluntary sale?

任意売却とは

住宅ローンの返済が
できなくなったら
どうなるのでしょうか?

毎月の返済ができなくなり放置していると、債権者は担保不動産の競売申立を行い、これを売却して資金を回収しようとします。しかし、競売になると、一般売却市場価格より安い価格(6割~7割程度)になってしまうことが多く、せっかく不動産を売却処分したにもかかわらず、残債務(借金)が多く残ってしまうこともあります。それは、金融機関(債権者)にとっても好ましくないことです。

「競売」を回避するには、借入残高よりも高く家を売るか、売却代金で足りない差額分を借入金の申込人(債務者)が用意しなければなりません。しかし、いずれも現実的ではありません。

そこで、そうなる前にあらかじめ債権者と
話し合い債権額を下回ることを合意の上で、
一般の中古住宅と同様に販売する
「任意売却」が昨今注目されています。

Difference between

任意売却と競売の違い

任意売却と競売の違いによって、売却後の生活再建が大きく異なってきます。

任意売却 競売
価格 市場価格に近い金額 市場価格の5~7割
プライバシー 事情を知られずに売却が可能 近所や職場に知られる可能性あり
引越し代 捻出できる 捻出不可能
資金の持ち出し 一切なし 基本的になし
返済金額 多い 少ない
現金が残る可能性 ある ほぼ無い
残債務の交渉 できる できない
退去日 事前に協議の上決定できる 裁判所からの強制執行もある
完了までの期間 短め 長め
価格
任意売却 市場価格に近い金額
競売 市場価格の5~7割
プライバシー
任意売却 事情を知られずに売却が可能
競売 近所や職場に知られる可能性あり
引越し代
任意売却 捻出できる
競売 捻出不可能
資金の持ち出し
任意売却 一切なし
競売 基本的になし
返済金額
任意売却 多い
競売 少ない
現金が残る可能性
任意売却 ある
競売 ほぼ無い
残債務の交渉
任意売却 できる
競売 できない
退去日
任意売却 事前に協議の上決定できる
競売 裁判所からの強制執行もある
完了までの期間
任意売却 短め
競売 長め

任意売却は、通常の売却と同じため、市場価格と近い金額で売却でき残債務が少なくなり、
ご近所にも状況が知れ渡ることなく売却が進みます。
売却後に残ったローンの返済についても、今の生活状況に合わせて、
少額返済や一時金による債務免除などの柔軟な対応をしていただけるケースもあります。

任意売却のメリット

  • 市場価格に近い金額で売却でき、返済額を増やせます。
  • お手持ちのお金の持ち出しがありません。
  • 引越し費用も負担してもらえる場合もあります。
  • ご近所に事情を知られずに売却できます。
  • そのまま住み続けることができる場合もあります。
  • 残った借金支払について、債権者より柔軟に対応してもらえる場合もあります。
  • 購入者との交渉によっては、住宅の引渡時期など柔軟に対応してもらえる場合もあります。

任意売却のデメリット

  • いわゆる「ブラックリスト」に信用情報が記載されます。(3ヵ月以上の滞納)
  • 競売は一方的に話が進んでいきますが、任意売却は仲介業者を探したり、債権者交渉を行ったり手間はかかります。
  • 連帯債務者や連帯保証人に事情を説明し、事前に同意を得なければいけません。

Flow of voluntary sale

任意売却の流れ

任意売却の一般的なスケジュールです。お客様によって状況はそれぞれ違いますので、スケジュール通りに進まないケースもございます。

通常3~5ヶ月(最短2ヶ月)

Faq

よくあるご質問

任意売却の一般的なスケジュールです。お客様によって状況はそれぞれ違いますので、スケジュール通りに進まないケースもございます。

  • 本当に費用はかからないの?

    ご依頼者様からは一切頂きません。ご安心ください。
    仲介手数料・抵当権抹消費用・差し押さえ解除費用・滞納管理費・修繕積立金等は債権者からいただきます。

  • 住宅ローンの返済ができないことを相談しづらい・・・

    急病やケガによる休職、治療費の負担、リストラ、教育費、離婚等様々な原因でローンの返済に困っている方が沢山いらっしゃいます。相談しづらい、無理をして払おうとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、時間の経過と比例して状況は悪化してしまいます。 同じお悩みでご相談される方もおおくいらっしゃいます。新しい生活の第一歩として、お早めにご相談くださいませ。

  • 競売になってしまった。このまま売ってもいい?

    競売は相場より安く売却されてしまいます。そうなると多額の債務が残ってしまいますので、競売での解決は得策とは言えません。

  • 任意売却は必ず上手くいく?

    債権者、物件、借り入れの状況にもよりますが、100%成功するとは限りません。できるだけ早い段階(競売開始前・競売開始直後)でのご依頼であれば、成功する確率は高くなりますので、早めのご相談をお勧めします。

  • 競売はチラシに載る?近所に知られてしまう?

    競売情報として、競売が開始される1ヵ月前からインターネットでの告知やチラシを作成しポスティングをされてしまう可能性が高いです。ポスティングは近隣にも配布されることも多いので、そうなると近隣の住民の方にも知られてしまいます。
    競売前の任意売却では、近隣の方に知られることも無く売却が可能となります。あまり公に出したくない、というご相談もお気軽にご相談ください。

  • 競売いなったら家を出ていかなければならない?

    「競売開始決定通知」が届き、約4~6ヵ月程で競売落札となります。当然その間は住み続けることができますが、落札され新しい所有者が決まった後、住み続けると「不法占拠」となってしまいます。通常引越し代も手当てされないのでご注意くださいませ。

  • 住宅ローンを滞納するとどうなる?

    1~2ヵ月までは郵便物や電話等で督促がありますが、いきなり一括返済を迫ったり、滞納3ヵ月未満では、まず競売にかけられません。しかし深刻の事態には変わりありません。
    住宅ローンの支払い方法の見直し、弁護士へ依頼し、個人再生法住宅ローン特則を利用し返済額の減額を要請、支払いが困難であれば任意売却にて債務の整理をする等の方法がありますので、お気軽にご相談くださいませ。

  • 忙しい為なかなか相談ができない。どうすればいい?

    大丈夫です。事前にご都合の良い日時を相談して頂ければ、ご自宅や勤務先等ご都合が良い場所までお伺いします。

CONTACT

任意売却に関するご相談はこちら

株式会社むつみワールド

秋田県秋田市八橋本町3丁目18-33

受付時間:平日9:00 ~ 17:30